Top > 車買取業者 > 車の運転が好きな人ならトラックのドライバーがいいです。

車の運転が好きな人ならトラックのドライバーがいいです。

トラックのドライバーをしております。

1日のほとんどは車に乗ってます、

私の仕事の場合ですが、会社での拘束時間はだいたい12時間です。

その中で、構内の作業と、運転している時間は半分半分です。

つまり、6時間(片道3時間×2)ほど、運転しているのです。

構内での作業は自分が持っていく荷物を探して、伝票とあわして、数や内容を確認すること、

乱箱、水濡れ、破損がないかのチェック、

そして、荷物が完了すれば、出発しますが、最後にもう一度、チェックします。

冷凍ものは、たまに忘れることがあるので、

改めて、出発します、さあここからは、仕事中ですが、自分だけの時間です。

荷物を無事に届ければいいので、その間は鼻歌を歌いながらのドライブです。

運転席はもう自分の部屋みたいなもんで、お菓子やジュースは欠かせません、

そのため、太ってしまいました。

私の所は、ドライバーは2種類あって、

毎日同じコースを走る「定期便」と、定期便のドライバーが休みのときに代わりに走ったり、荷物があふれて、増便に駆り出される時に走る、「スポットドライバー」と、あります。

定期便は給料は安定していますが、スポットドライバーは走る距離により、給料が変動します、

でもどちらも、慣れれば,似たようなものです。

運転しているときは、もう、ドライブです、

新しい車を欲しいですがこの車がいくら査定額になるのか気になるところです。

いまのとここの車で我慢。

デジタコがついているので、走ったルートや時間、停車時間なども記録されているので、

サボることは出来ませんが、運転中は私、思い切り、歌ってます。

ドライブミュージックは流さずに、自分の声に酔いながら、海岸線を走り、ドライブに浸っています。もちろん、大切な荷物を運んでいますので、乱暴な運転は出来ません、

(何度か、破損してしまい数万円の弁償をしてしまいましたので)

構内作業専門の現場作業員は1日中構内作業で、精神的にピリピリ来てます、それに比べて、ドライバーは精神的に楽ですね、

ドライブしている間も給料に入ってますから、この仕事はやめられません。

車買取業者

関連エントリー
車の運転が好きな人ならトラックのドライバーがいいです。